まるで自分の歯

インプラントが勧められるケース

インプラントは顎の骨に直接チタンでできた人工歯根を埋め込むという治療法です。
その最も大きな利点は、チタンの人工歯根と骨とが結合することでまるで自分の歯で噛んでいるような安定感があるということです。

この安定感はなかなか入れ歯などでは再現することが難しいため、より良い使い心地を求めてインプラントにするという方もいるようです。
そのようなインプラントが勧められるケースとしては、やはり噛みづらさを解消するための方法として提示されるということがあるでしょう。

食事の時にきちんと食べ物が噛めないというのは体にとても負担がかかることです。
一見関係の無いように感じられるような不調や病気であっても、実は噛めなくなってしまったことから引き起こされているという場合もあります。
そうした場合、入れ歯で噛みづらい状態をそのままにしておくよりは、インプラントに切り替えてよく噛める状態にすることを勧められる場合もあるのです。

また、前歯など見た目に気になる場所などの場合、審美的な面からインプラントが勧められるということもあります。
インプラントはブリッジや入れ歯などと違って非常に見た目の仕上がりがきれいです。
材質によっては自分の元の歯のようにするということもできますから、自分以外の人からもよく見えるような位置にある歯については、インプラントにした方が見た目の仕上がりは断然良くなるでしょう。

インプラントと一口に言ってもその方法は様々です。
1本ずつ歯根を埋め込んで人工歯を被せるという方法もあれば、それまでの入れ歯の安定性を高めるために数本のインプラントに金具をつけて使うということもできます。
インプラントを勧められるケースは他にも考えられますが、インプラントは一度行ってしまうと元の状態に戻すことはできません。

大切なことはよく検討して情報収集をしてからインプラントにするかどうか決断することです。
歯医者で勧められたからといって、そのままに治療を受けるということはしないようにしましょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.