まるで自分の歯

施術後は痛む?

インプラントの手術では歯茎を切開して骨を削りそこへ人工歯根を埋め込みます。
手術中はもちろん麻酔を用いますから痛みを感じるということはほぼありませんが、手術後に麻酔が切れてしまうと切開した箇所などに痛みを感じることがあります。

しかし、手術が成功していて問題が無いようであれば、処方される鎮痛剤などで対処できる程度の痛みですし、それも数日から1週間程度でおさまってくるはずです。
また、骨にごく小さな穴を開けてそこから押し広げるようにして穴を大きくして人工歯根を埋め込む方法ですと、術後の痛みの感じ方の程度も弱くなると言われています。
手術の際の方法によっても随分と術後の痛みには違いがあるようです。

また、中には異常が起こっての痛みということもあります。
例えば傷口からの感染によって腫れがいつまで経っても落ち着かないというようなこともありますし、神経や血管のある部分に触れてしまったことが原因で痛みや痺れが取れないといったこともあるようです。

こうした異常による痛みや腫れといった症状は、通常の痛みなどとは明らかに様子が違っているようです。
特に神経に異常が起こってしまったような場合は、手術中から痛みを感じ始めるということもあるようですから、そのようなことが起こった場合には早急に伝えるようにしなければいけません。

痛みは体からのメッセージです。
そこで何か普通とは違うことが起こっているために痛みが起こるわけですから、術後の痛みの様子には敏感になって気をつけておいた方が良いでしょう。

通常の痛みであれば、痛みに弱い方であっても日常生活を普通に送れる程度のものであることが多いようですから、痛みが全く引いてこない・どんどん痛くなってくる・腫れや痺れがひどい、というような症状が出てしまう時にはできるだけ早い段階で医師に相談するようにしましょう。

インプラントの手術後の痛みは、我慢できないほどのものにはならないことがほとんどです。
通常であれば鎮痛剤で対処できる程度です。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.