まるで自分の歯

アレルギー体質でも大丈夫?

インプラントの治療にあたってはアレルギー体質かどうかということは大切なことになってきます。
特に重要なのは金属アレルギーについてです。
インプラントの治療は顎の骨に直接インプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込むことになり、そしてその上に人工歯を被せます。

もしも金属アレルギーの場合には、この人工歯根によってアレルギーが発生してしまうのは?という心配がある方もいるかもしれません。
しかし、人工歯根はチタンで作られています。
チタンは非常にアレルギーを発症することの少ない金属です。

チタンに触れてアレルギーを発症してしまったという場合、実はその製品がチタンと他の金属との合金でチタン以外の金属に反応してしまったというケースが考えられるほど、その発症率は低くなっています。
そのため、金属アレルギーを持っているという方の場合でもほとんどの方は問題なくインプラント治療を行うことができます。

しかし、チタンによるアレルギーがまったく無いというわけではないようですから、元々アレルギー体質ということが分かっている場合には事前に医師に伝えるようにしておきましょう。
また、人工歯根の上に被せる歯についても様々な素材があるので、アレルギーのある方は気をつけなければいけません。

比較的安価に作れるものは金属とセラミックとをあわせたもののようですが、これの場合には使用する金属によってはアレルギーを発症してしまう恐れもあります。
そのため、どのような素材を使って人工歯を作るかは、見た目の面とも合わせてきちんと考えていかなければいけません。

今現在特別にアレルギーの症状を自覚していない場合でも、もしもアレルギーの疑いがあったり心配があるようでしたら、インプラントの治療を実際に行う前に金属アレルギーのパッチテストを行ってもらうと良いでしょう。

インプラントは一度行うと元に戻すことはできません。
不具合が起こってしまってからでは遅いので、きちんと調べてから治療に臨むと良いでしょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.