まるで自分の歯

入れ歯の煩わしさが解消

インプラントと入れ歯は治療の目的としてはどちらも無くなってしまった歯を補うというものですが、その後のメンテナンス方法や使い心地に関しては大きく違ってきます。
基本的にはインプラントの方がより安定感があり手入れも手間いらずといわれています。

それはなぜかというと、インプラントは顎の骨に直接人工歯根を埋め込んでいるからです。
そのため、まるで自分の元々あった歯と同じように扱うことが可能です。
歯の手入れに関しても、歯周病予防のためによりしっかりと行うことが大切ですが、それまでの歯ブラシと方法自体には大きな違いはありません。

一方入れ歯はというと、日常的に感じられるのはやはり安定感の悪さということのようです。
きちんと噛もうと思ってもそれができなかったり、なんだか引っかかるような感じがしてうまいこと話すことができなかったり。
元々の歯との使用感の違いによって、それまで楽しみだった食べることや日頃の何気ないおしゃべりが何だか億劫になってしまったというような方もいるようです。

お手入れに関しても取り外して洗う必要がありますから、その方法自体に抵抗を感じるという方もいるかもしれませんし、手間もかかります。
また、きれいに毎日洗っていたとしても、口臭が気になってしまうという方もいるようですから、そうした点も入れ歯のマイナス点の1つと考えられるでしょう。

このように考えていくと、インプラントは治療期間が長いことや治療費が非常に高額になってしまうというマイナス点がありますが、日常生活の中での使いやすさという点ではとても優れているというふうに言うことができます。

インプラントは治療方法も入れ歯より複雑になってきますから、なかなか踏み出す勇気が出ないという方もいるかもしれませんが、より日常の手入れの手間を軽減したいとか、自由に好きなものを食べられるようになりたいと考えるようでしたら、一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.