まるで自分の歯

インプラントのデメリットとは?

インプラントは自分の歯のような自然な噛み心地や見た目の美しさといったことが実現するというメリットがありますが、メリットだけでなくデメリットも同時にある治療方法です。

そのデメリットの代表的なものは自由診療であるということではないでしょうか。
普通、歯医者や病院に行くと私たちは一般の診療や治療であれば保険証を提示することで3割負担(場合によっては1割など)の支払いだけですんでいます。
そのため病院で支払う料金は非常に安価なことが多いですよね。

しかし、自由診療となっている治療方法の場合には、保険証を提示したとしても100%の支払いをしなければいけません。
そのため、自由診療の治療費は非常に高額になってしまいやすいのです。
インプラントも自由診療の治療法ですから、その負担は一部のケースを除いて100%です。

そのため、インプラント治療を希望したとしても経済的な負担が可能な人以外には治療を受けることが難しくなってきます。
また、治療期間が長期に渡るということもデメリットと言えるでしょう。

インプラントの手術ではまず歯茎を切開して人工歯根を埋め込み、人工歯根と顎の骨が同化するのを待ちます。
そのための期間が必要になってくるため、どうしても長期間に及ぶ治療期間が必要です。
もしも顎の骨に何か不具合があったり、歯茎に歯周病が見られたり、そうした不具合があった場合にはまずそれらの治療を行うことが先にされますから、治療期間は更に長期化します。

そしてメリットがデメリットになってしまわないために最も大切なことが、インプラントの知識と技術を持った歯科医院と医師を探すということです。
インプラントは大きなメリットもある治療法なのですが、一つ間違えると危険も多い方法です。
また将来的な危険性があるのかどうかについてはhttp://www.go-riki.jp/をご覧ください。

そのため確かな技術を持っている医師にお願いするということはとても大切なことになります。
近所でできる場所があるからというだけでそちらを選ぶというのではなく、できるだけ良い医師や歯科医院をまずは探すようにしましょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.