まるで自分の歯

海外のインプラントの歴史

海外のインプラントの歴史は、インカ帝国や古代ギリシャの時代にまでさかのぼることができます。
インプラントと聞くと比較的新しく最近になって考え出された技術というふうに考えられがちですが、実は同じような考えでもって行われた治療は、非常に古い時代からあったのです。

しかし、古代の時代に行われていたインプラントは象牙やエメラルド・奴隷の歯などを用いているもので、もちろん時の権力者にのみ許された治療でした。
その後インプラントが飛躍的に発展したのは、1940年代です。
この時主流となっていたのは骨膜下インプラントという方法で、コバルトクロム合金が使われていました。

その後現在まで使い続けられているチタンが使われ始めたのは1950年代です。
そして1952年にはブローネンマルク医師というスウェーデンの医師が、チタンと骨が結合するという現象にオッセオインテグレーションと命名し、以降その基礎研究を行うことでインプラントの技術は飛躍的に向上していきました。

このオッセオインテグレーションの働きを利用したオッセオインテグレーション・インプラントという方法は、現在でもなお世界中で行われている代表的なインプラントの方法です。
インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込むだけのものと考えているかもしれませんが、実は埋め込んだ人工歯根はまるで自分の本物の歯であるかのように骨と結合していくのです。

インプラントにすると安定感がありしっかりとよく噛めるというのは、ただ骨に埋め込んでいるからというだけではなく、このように骨と結合しているからでもあります。
海外のインプラントは日本と比較すると格段に進んでいるというふうに言えます。
普及率についても日本のそれと比較すると非常に高くなっています。

元々がスウェーデン生まれの技術であるため、日本よりもヨーロッパなどでの普及率が高いというのは当然のことなのかもしれませんが、より高い技術と知識を持った専門医が多くいるということも考えられるのではないでしょうか。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.