まるで自分の歯

インプラントいくら掛かる?

通常、病院で支払う治療費は保険証を提示することで負担額が3割とか1割とかになりますから、本来かかっている治療費よりもうんと割安になっています。

しかし、インプラントはほとんどの場合自由診療という区分の治療になってきますから、その費用も100%負担をしなければいけません。
つまり、入れ歯やブリッジなどの治療法よりもうんと割高になってしまうということです。

その費用は具体的にどれくらいかかるのかというと、1本につき30〜50万円程度と言われています。
価格に開きがありますが、これは使用する人工歯根や人工歯の種類や材質による違いです。
人工歯根にも人工歯にもいくつかの種類があって、自分の口の中や顎の状態などによって最適なものを選ぶようになります。

また、インプラントの治療を行う前に、顎の骨に関する治療や歯周病などの治療が必要になってくるという場合もあります。
そうした場合には、もちろんそれらに関する治療費も必要になってきますから、さらに全体の治療費は膨れ上がってきます。

直接インプラントの治療につながるものではありませんが、インプラントを行う場合には禁煙をすることが大切になってきます。
喫煙したままの状態ですと、インプラントと顎の骨の結合がしづらくなってしまったり、口の中の傷跡が開いてしまうということがあるからです。

そのため、まずは禁煙のために病院へ通うことが指示されるということもあります。
インプラントを行うためには必要になってくる処置が様々あるため、それに伴って費用も高くなっていきます。
そのため、口の中の状態が健康であるほど余計な処置の必要が無いのでインプラント全体にかかる費用も抑えることができるようになります。

インプラントの費用負担は決して安いものではありません。
ですから、失敗しないインプラントを行うためにも、事前にきちんと調査をして確かな知識と技術を持った歯科医師に治療をしてもらえるようにしましょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.