まるで自分の歯

人工歯のお手入れ方法は?

インプラントにした後のお手入れは基本的には通常の歯磨きと違いありません。
しかし、インプラントにするような状態になってしまった箇所は、もともと歯磨きが行き届きづらい場所であり、そのため虫歯や歯周病になってしまい歯を失った場所であるというケースも多いと思います。

そうした場所で良い状態を保つためには、それまで以上に注意深く歯磨きをする必要があります。
インプラントの治療を行うとお手入れについての指導もあるはずですから、そうした指導を参考に日々のケアをしっかりとしていきましょう。

使用する歯ブラシは好みのもので構わないかと思いますが、ヘッドが小さめで歯の1本1本を磨けるものが良いでしょう。
また、歯磨き粉は研磨剤が入っているものですとインプラントに傷をつけてしまいますので、研磨剤無しのものを使用する方が良いようです。
同時に歯間ブラシを使用するのも効果的です。

歯ブラシでのお手入れをどれだけ丁寧に行っても、歯と歯の間の汚れまでは掻き出せないということが分かっています。
そうした歯ブラシで行き届かない場所のお手入れをするためには、歯間ブラシの使用が効果的なのです。

更に、インプラントにした後には、3ヶ月・6ヶ月など期間を決めて定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらうようにする必要があります。
そうすることで自分ではどうしてもケアのできない部分をきれいにしてもらうことができますし、自分のケアの弱い部分を教えてもらうということもできます。
定期的な歯科医院でのメンテナンスは少し面倒な部分でもありますが、きちんと行うことでインプラントをより良い状態で使っていくことができるでしょう。

もしもタバコを吸っている方の場合には、タバコをやめるということもインプラントのお手入れに通じます。
それはなぜかというと、タバコは歯周病になってしまうリスクを高めてしまいますし、インプラントを支えている歯槽骨を弱くしてしまうからです。

インプラント後の歯のお手入れはそれまでと特別変わりませんが、より丁寧にすることを心がけると良いでしょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.