まるで自分の歯

インプラントに保険は利く?

平成24年4月から、実はインプラントは保険診療が適用されるようになっています。
とはいっても、インプラントを行いたい全ての人が保険診療の3割負担で治療を受けられるというわけではありません。

これが適用されるのは、腫瘍や顎骨骨髄炎・外傷などが原因で広範囲に渡って顎の骨が無いなどの状況の場合だけなので、入れ歯が安定しないので・・・といった理由で治療を行いたいという場合にはこれまで通り自由診療として100%費用負担での治療が必要になってきます。
そういった場合にかかる費用相場はhttp://www.mercyphysiciangroup.com/に詳しくかいてありますのでご覧ください。

また、上記にあげたような特別な理由によってインプラントを行いたいという場合であっても、インプラント治療を行っているどこの歯科医院でも保険診療が適用されるかというと、そうではありません。
保険診療としてインプラント治療ができる場所は限られていて、ベッド数20以上の入院設備を持っていることや、一定年数以上の経験を積んだ医師がいること、安全確保のための体制が整備されていることなどの条件を満たした病院のみで可能なのです。

そのため、ごく少数の大学病院などでしか現状では保険診療が適用されることはありません。
また、医療保険に加入されている方の場合、先進医療特約の中にインプラント治療が入っているという方もいると思います。

こうした医療保険に加入していれば、保険金でインプラントの治療費をまかなえるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、実はこれも誤りです。
先進医療特約で保険金が支払われるのはやはり一部の限られたケースであって、入れ歯やブリッジでの治療が可能な場合にはその限りではないのです。

そのため、入れ歯の安定性が悪いとか、見た目をより良くしたいからとか、そうした理由で行われるインプラントに関しては基本的に全て自費診療ということになります。
ただし、確定申告を行うことで10万円以上200万円までの医療費については医療費控除を受けることができますので、これについては利用することが可能です。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.