まるで自分の歯

人工歯は目立たない?

インプラントを行う目的の1つに、見た目をきれいにしたいということがあると思います。
入れ歯やブリッジでの治療の場合、どうしても見た目に不自然だったり目だってしまったりします。
また、ブリッジの場合には両側にある健康な歯に傷をつけなければいけないということも問題としてあがってきます。

その点、インプラントの場合には顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を被せますので、見た目の自然さという点では他の方法と比較すると非常に優れています。
人工歯の見た目についてですが、これはその素材によってまったく違ってきます。

最近では元々の自分の歯に非常に近い見た目が実現できるものもでてきていますので、より自然できれいな見た目を追求するのであれば、そうした人工歯を利用すると良いでしょう。
しかし、そうしたより見た目にもきれいな人工歯はその分料金も高くなってきますので、そうした面も考えて検討してみると良いでしょう。

より安い金額の人工歯を利用したいというような場合には、金属とセラミックを合わせた人工歯が最もコストパフォーマンスが良いようです。
この素材ですと表面の色は白い歯のように見えますが、より質の良いものと比較すると変色は多少しやすいようです。

また、金属でできた人工歯もありますので、自分にとって最適なものはどれかを医師と相談しながら決めていくと良いでしょう。
人工歯を選ぶ基準は見た目ということもとても大切ですが、アレルギーが無いかどうかという点もとても大切です。
例えば金属アレルギーのある方の場合、アレルギー症状が出てしまう金属の入っている合金などは避けるべきでしょう。

そうした点も含めて医師とは適切な人工歯を選ぶようにしなければいけません。
金具が見えてしまう可能性のある入れ歯や、不自然な見た目になってしまいがちなブリッジなどと比較すると、インプラントはとても自然な見た目を実現できます。
インプラントの人工歯もそれぞれに合わせて選べますので、適切なものを選びましょう。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.