まるで自分の歯

インプラント治療を受けられないケース

インプラントの治療は、医療機関によって多少基準の違いはありますが、18歳を越えた多くの方が受けることができます。

なぜ年齢制限があるのかというと、それは骨の成長と関係しています。
インプラントは直接チタンでできた人工歯根を顎の骨に埋め込みますので、骨が成長している時期にはできないのです。

しかし、成人であってもインプラントができないケースというのがあります。
まず最も多くの方に関係するであろうことは歯周病があり治療をしていない場合です。
歯周病は将来的に歯を失う原因にもなるものですが、インプラントにしている場合でもそのリスクは同様にあります。

しかも、インプラントの場合歯周病はより重症化しやすいというふうにも言われていますので、より慎重にケアをしていくことが必要になってくるのです。
もしもそれができないという場合には、インプラントの治療もできないと判断されてしまうことがあります。

また、骨粗しょう症の方も場合によっては難しいケースがあります。
骨粗しょう症の方全てがダメというわけではありませんが、ビスフォスフォネート剤などを使用している場合にはインプラント治療は絶対にすることはできません。
インプラントの手術には当然麻酔を使いますから、麻酔にアレルギーがある方の場合、麻酔ができないために手術ができないということも当然あります。

それと同じように、薬物にアレルギーがある方の場合、処方される抗生剤や鎮痛剤が使えないということがありますので、そうした場合にもインプラントが難しくなることがあります。
他にも、放射線治療後や循環器系の疾患がある場合・重度の糖尿病などの場合にはインプラントの治療を見送らなければいけないこともあります。

以上にあげたインプラントのできないケースというのは、必ずしも全ての方ができないというわけではありません。
インプラントをしたいと思った場合には、まずは専門医のもとを訪れて相談をすることが大切です。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.