まるで自分の歯

どの部分の歯でもできる?

インプラントは顎の骨に直接人工歯根を埋め込むという治療法です。
この治療法は基本的にどの部分の歯であっても行うことができます。
ですから、前歯でも奥歯でも上顎でも下顎でもどこでも希望すればできる可能性があります。

ただし、100%全ての方がどこの箇所でも可能かというと、そういうわけでもありません。
そもそも現在の状態として重度の糖尿病にかかっていたり高血圧であったりする場合には、インプラントの手術自体ができないという可能性もあります。

また、顎の骨の状態によっては難しいというケースもありますし、可能ではあるけれども骨の再生治療が必要になってくるといったこともあります。
インプラントはどの場所でもできる治療法と言われていますが、骨に埋め込むという性質上どうしても難易度が高い場所というのが存在します。

そうした場所の場合には、かなり高度な技術や経験が必要になってくる場合もあるでしょう。
そのため、相談する歯科医院によっては「できません」と断られてしまうということも考えられます。

しかし、別のより高度な技術を持っている専門医のいる歯科医院では「できます」という返答がもらえる場合もあります。
ですから、インプラントの手術をしようと思ったら、セカンドオピニオンをしてもらうということも大切になってきます。

また、骨粗しょう症であるなど、自分のインプラント手術が難易度の高いものになる可能性がある場合には、確実に成功させるために確かな技術を持った専門医を探すことが大切になってきます。
経験が少ない医師の場合には、技術的に難しくなってしまい結果としてスムーズに治療が進まないといったことも考えられるからです。

インプラントは基本的にはどこの箇所であっても可能です。
しかし、その難易度は箇所ごとにも違いますし骨の状態などによっても違ってきます。
どのような箇所のインプラントでも確実に成功させるためには、技術と経験のある専門医を探すことが大切です。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.