まるで自分の歯

治療前の検査方法

インプラントの治療を行う前にはいくつかの検査を行わなければいけません。
きちんと検査のできる設備の整った歯科医院へ行くようにしましょう。

まずインプラントの治療計画を立てるために必要なのが、レントゲンとCTスキャンです。
通常歯科医院ではCTスキャンを取ることはありませんが、インプラントを行う場合にはCTスキャンも導入している歯科医院で行うのが良いでしょう。
というのも、インプラントの手術を成功させるためには入念な治療計画を立てる必要があるからです。

この計画を立てるためには、レントゲンによる情報だけでは不十分なので、CTスキャンを行う必要性があります。
レントゲンやCTスキャンを使用すれば現在の顎の骨の状態やその他の状態も分かるようになります。
きちんと現状を把握してから治療計画を立てられれば、例えば顎の骨に問題があるような場合はまずはその改善から行うことができますから、インプラントの治療をより適切に行うことができるというわけです。

また、この他にも血液検査や口腔内検査も必要になってきます。
血液検査の結果、もしも糖尿病や高血圧などの全身疾患が見つかれば、その症状の度合いによってはインプラントの手術や治療自体が困難な場合があります。

また、先に疾患の治療を行えばインプラントを行うことが可能ということもありますから、全てはまず検査を行ってからということになります。
口腔内検査もインプラントの前には必須の検査です。
というのも、口腔内にその他の異常がある場合にも、やはりインプラントはできないからです。

最も多い異常は歯周病でしょう。
歯周病はインプラントを行う前に全てしっかりと治療をしておかなければいけません。
ですから、もしも歯周病があった場合には歯磨きやその他のケアをしっかりと行う習慣をつけて改善に努めなければいけません。

もしも改善が見られないという場合や治療をきちんとできないという場合には、インプラントができなくなってしまうことも考えられます。
Copyright(C) 安定性の高い歯の治療 All Rights Reserved.